Ksplice


Oracle Linuxのゼロダウンタイムアップデート


ダウンタイムの回避、無停止、IT管理費の節減、セキュリティの向上。 OracleのKspliceはLinuxシステムを稼働させたまま、カーネルとユーザースペースにアップデートを適用することができます。 そして再起動が不要なため、アップデートは直ちに有効となり、高い柔軟性とシステム管理を実現します。

時間、煩わしさ、そしてコストを削減

あるOracle Linuxのお客様の場合、 2.2万台のサーバーに対する定期的なアップデートに際し、毎月500人時間以上 、年間 32.5万 ドルの節減を実現しています。1

停止の最小化により、アプリケーションの稼働を確保

Kspliceをお使いになることで、コンテナのシャットダウンや再起動を行わずにホストサーバーのカーネルにパッチを適用することができます。シングルホスト上に何百ものプロセスやアプリケーション・コンテナを実行しているユーザに最適です。

セキュアな状態を維持し、稼働を継続

システムを最新かつセキュアに – Kspliceによる速やかアップデートの適用によって脆弱性を低減しビジネスの継続をサポート。Heartbleedは業界に5億ドルのコストを強いました。2

アップデートステータスを素早くチェック

ネットワークアップデートを開始する前に、ブラウザ、APIまたはSNMPを使って、すべてのシステム上のKspliceのステータスを確認して適切な運用をおこなうことができます。

仮想化に対応

Kspliceは仮想化環境においてもに適切に機能します。セキュリティアップデート、診断パッチや重要な修正の適用に際して、Linux仮想マシンを再起動する必要はありません。

賢明な(高い評価を受ける)データセンター管理者になりましょう

これまでに253 万のシステムを保護し、4百万回の 百万回の再起動が回避してきたkspliceは、システム管理者にとって Linuxシステムを最新に保つ最高のツールとなってきています。

詳細情報をお求めですか?

RedHat Linux用30日間お試し版 Kspliceを入手する
ここをクリックする

Oracle Linux
用のKsplicを試してみる
ここをクリックする